中国語を学ぶ日本人の目的は

日本はアジア諸国の中において経済先進国と言われ、その発展した経緯や技術を学ぶためアジア各国から多くの留学生が訪れています。特に中国からの留学生は多く、学問の分野や日本語を習得したいといった目的で訪れています。また最近は日本のビジネスを学ぶため、ビジネス学校などに通う中国人留学生も増えています。

やはり一番多いのが日本語を学ぶ中国人留学生です。彼らは毎年春と秋に訪れ入学しています。コースは1年コース、2年コースなどがあり、ある程度中国で日本語を勉強している留学生がほとんどです。日本への留学となると費用も掛かるので、私立の日本語学校などは一般的に富裕層の子どもたちが多いようです。中国は一人っ子政策により子供が一人しかいないので、親が子供に投資するのは当たり前のような風潮にもなっているようですね。

その逆として日本人が中国語を学ぶために、中国語の学校などに通い、ある程度の能力を付けてから、中国の中国語学校に留学する日本人も多いようです。現地では24時間中国語なので、否が応でも中国語を話さなくてはいけません。そのために一生懸命勉強し中国語をマスターされています。中にはそのまま中国の企業に就職され、日本企業との通訳をしている方や、日本人観光客向けのツアーガイドや通訳の仕事をしている方も増えています。
このようにその発展が著しく、経済大国となった中国での労働力のニーズにも応えるため、中国語を学ぶ日本人が増えているのですね。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 中国語を勉強してスキルアップするには All Rights Reserved.